Today is 火曜日
2019/09/17

2011/06/07

被災者の高速道路が無料

 国土交通省は1日、東北地方を中心とした高速道で被災者が乗り降りした場合の通行料金を20日から無料にすると発表した。トラックなど中・大型車の高速料金の無料化も同時に始める。「休日上限1000円」の割引制度と全国50区間で実施している無料化実験は19日深夜(20日午前0時)で終了する方向で高速道路会社と調整する。対象となる区間のインターチェンジで高速道路に乗るか、降りれば料金は無料にする。対象区間は白河インターチェンジ以北の東北道、水戸インターチェンジ以北の常磐道、磐越道とその他の東北地方の高速道。例えば、宮城県から金沢まで高速道を利用した場合でも、本線上の料金所を通過しなければ無料となる。
 対象となる車は、運転者か同乗者が自治体発行の罹災証明書を持っている全車種。罹災証明書を持っていなくてもトラックなどの中・大型車は無料となる。被災者の場合は罹災証明書を提示する必要がある。一方、中・大型車は東北地方の高速入口で受け取った通行券を出口で差し出すだけでよい。救急車など緊急車両と同じく、国土交通相が法律に基づいて料金を徴収しない車両に指定する。上限割引や無料化実験がなくなって被災者らの負担が重くなるため、政府の予算措置が必要ない仕組みを活用することで迅速に無料化できるようにする。
 同省は被災地の高速道について、2011年度第2次補正予算で必要額を確保し、被災者でなくても全車種を1年間無料にする方針も示した。

日本経済新聞2011年6月2日〜被災者無料20日から〜より紹介しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!