Today is 月曜日
2019/11/18

2011/07/20

東京路線トラック協会で支援物資輸送協定

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 大手運送事業者が加盟する東京路線トラック協会は15日、東京都と東日本大震災の被災地への支援物資の輸送で協定を結んだ。都が集めた支援物資を加盟社が被災地にある自社の物流拠点に運び、小分けしたうえで避難所などに届ける。
 これまで都は個別にトラック会社に依頼し、被災自治体の倉庫に送っていた。ただ、仕分けするスペースも人員も少なく、大量に支援物資が滞留し、なかなか避難者に届かないこともあったという。
 20日以降、協会に加盟する運送事業者が都の倉庫から10トン以上の大型トラックに支援物資を積み、被災地にある自社の荷さばき場まで輸送。荷さばき場で2〜3トンの小型トラックに積み替えて避難所などに配送する。同協会は避難所などから必要な支援物資をファクスなどで受け付け、内容を加盟社に伝えることで、必要な物資を必要な数量だけ個別に届ける。配送費用は都は同協会に支払う。2011年度は計5000万円程度を見込んでいる。
 まず宮城県内の避難所や社会福祉施設など、約300カ所へ紙おむつやマスク、飲料水、せっけんなどの日用品の配送を始める。同協会はヤマトホールディングスや日本通運など78社が加盟している。

日本経済新聞2011年7月16日〜支援物資輸送で協定〜より紹介しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!