Today is 月曜日
2019/11/18

2011/08/03

首都圏〜東北行きトラック運賃落ち着く

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 首都圏から東北に向かうトラックの運賃が下落し始めた。東日本大震災後に救援物資などの輸送量が急増し運賃も高騰していたが、震災後4カ月以上が経過し落ち着いてきた。逆に東北初の運賃は、工業製品や農産物の出荷の回復で上昇している。震災後の運賃のねじれが解消に向かい、運賃も少しずつ震災前の水準に近づいている。
 東京発仙台行きのトラック運賃(チャーター、積載重量10トン、1台あたり)は現在、7万円前後。震災直後には被災者向けの生活用品など物資輸送の需要が膨らみ9万円まで上昇していた。震災前(6万円)よりまだ高い水準だが、逼迫感は薄れつつある。一方、仙台初東京行きは現在、4万円強。荷物が極端に減った震災直後に比べ約1割上がった。被災した自動車や電子部品などの工場の稼働率が上がり、農産物の出荷も増えている。「輸送量は震災直後に比べ約3割増えている。7月以降は野菜の荷動きが活発で、仙台発東京行きの運賃は近く震災前の5万円前後に戻りそう」(山形県の運送会社)という。

日本経済新聞2011年8月1日夕刊〜首都圏発トラック 東北行き運賃下落〜より紹介しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!