Today is 土曜日
2017/12/16

2011/08/26

三菱ふそう ファイターユニック3段クレーンPA-FK71D 荷台床板の張替え作業

三菱ふそう ファイターユニック3段クレーンPA-FK71Dです。
荷台の床板の痛みがひどかったので、床板の張替えを行いました。

荷台張替え作業 AFTER

IMG_1691

平成18年登録で走行も少な目のトラックでしたが、床板が腐っていてこのままでは使用できない状態でした。
そこで、新品の床板に張替えを行うことにいたしました。
床板の所々が、腐っていてひどい所にはベニア板が打ち付けてある状態

荷台張替え作業 BEFORE

IMG_1295

新品のアピトン材(床板の材料)を積んだファイター。
きちんと荷台長にカットされています。
このアピトン材を新たに荷台の床に張りつけます。

DSC00023

まずは古い床板をめくっていきます。

DSC00026

荒れていた床材がドンドン剥がされて行きます。

DSC00029

荷台の骨格に当たる、縦根太(たてねだ)横根太(よこねだ)共に痛みはありませんでした。
よって床板の張替えだけ行えば十分に使用できる状態に戻せます。

縦根太とはトラックのメインフレームの上に乗る、縦の左右2本の角材のことです。
横根太とは縦根太の上に井桁に組まれた角材のことです。

DSC00024

剥がし作業中に鳥居部分の板われも判明、こちらも修繕を行うことに。
ここにも上から板がかぶさっていたのですが、剥がして見ると・・・。

DSC00030

古い床材の剥がし作業が終了しました。
荷台の骨組み(たて根太・よこ根太)がむき出しになりました。

DSC00031

そして張替え作業開始
新しいアピトン材を張り付けましょう。

DSC00034

本実加工(ほんざねかこう)、凸凹を施したアピトン材。
一枚一枚組み合わせて張り付けます。

DSC00035

エアージャッキを使用し、板と板を隙間無く組み付けていく。

DSC00037

横根太にあわせてネジを打ち付けてしっかり固定します。

DSC00043

床板の張替えは終了。

DSC00040

続いて鳥居板の修理です。

DSC00049

DSC00050

DSC00055

荷台板の貼り付け作業が終了しました。
綺麗な荷台になりました。

IMG_1690


この日の働く車 三菱ふそう 中型トラック ファイター
初度登録年:平成18年
車輌型式:PA-FK71D
駆動方式:4x2
車体の形状:ユニッククレーン

IMG_1679

エンジン型式:4M50 直列4気筒ディーゼルエンジン インタークーラーターボ
排気量:4890cc 馬力:180ps 132kw

IMG_1700

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取/販売/レンタルリース/リースバック
株式会社トラックリンク
TEL:048-661-9661
トラックリンク買取サイト:http://www.trucklink.co.jp
トラックリンク中古トラック在庫情報:http://www.trucklink.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2017 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!