Today is 月曜日
2019/11/18

2011/09/15

SGホールディングスで中古トラック寄贈

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 宅配便大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)が宅配便事業で使用済みの中古トラックをアジアなどの新興・途上国へ寄贈する事業を積極化している。今後5年間にラオスなどへ20台以上の中古トラックの寄贈を予定している。海外でのメール便取り扱いなど海外事業を強化している同社にとって、社会貢献に加え、佐川急便の社名入りのトラックが走ることで会社の知名度を向上する狙いもある。
 東南アジアでタイトベトナムに挟まれたラオスの首都ビエンチャン。その市街地では日本人には見慣れた一昔前の「ふんどし姿の飛脚」のマークが入った佐川急便の中古トラックが疾走している。ただ、搬送する荷物は宅急便ではなく、しかも運転しているのは佐川急便の社員ではない。このトラックの正体はSGHDが傘下の財団法人・佐川国際経済協力会を通じ、ラオス政府が出資する国家陸上・河川運輸公社に寄贈したもの。ラオスは内陸国で海に面していないため陸上輸送が重要という。国連の支援活動に関連した物資のほか、地方のインフラを整備するために資材を運ぶ業務などで活躍している。SGHDはラオスに2003年から08年までに散水車を含む53台の中古トラックを寄贈。今年も11月に2台の中トラックを送る計画だ。(略)

日経産業新聞2011年9月6日〜中古トラックの寄贈再開(林英樹氏による)〜より紹介しました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!