Today is 月曜日
2020/02/17

2011/09/16

ファミマの移動販売車

by web-master — Categories: 働くるまと福祉車両Leave a comment

 コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、約300品目を搭載できる移動販売車を公開した。冷凍、冷蔵など通常の店舗と同じ4つの温度帯で商品管理できる。今月中旬から10月にかけて、3台を東日本大震災の被災地へ投入。台数を増やし、店舗が少ない過疎地など買い物弱者が多い地域で運用する。名称は「ファミマ号」で、配送用の3トントラックを改造した。弁当・おにぎりや飲料、日用品などを幅広くそろえる。営業時には荷台の左側面が全開し、雨を防ぐ屋根にもなる。必要な電力は発電機で賄う。避難所など1日3カ所程度を巡回し、10万円前後の売り上げを見込む。(略)
 軽トラックなどをベースにした小型版の開発や、加盟店への貸し出しも検討。来年度中に100台体制を目指す。近くに店がないことなどから買い物が困難な人々の数は、約600万人ともいわれる。コンビニではセブンーイレブン・ジャパンでも過疎地などで移動販売車5台を運用。年内に20万台に増やす方針だ。

日経MJ 2011年9月11日〜ファミマ、移動販売車公開〜より紹介しました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2020 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!