Today is 月曜日
2020/10/26

2011/11/01

ノンステップバスの普及率

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 全国の乗合バスのうち障害者や高齢者が乗降しやすい「ノンステップ(NS)バス」の今年3月末時点の普及率が都道府県別で0.6%〜59.9%と大きな格差があることが27日、国土交通省の調査で分かった。車高が低いため山間部や豪雪地帯への導入が難しいほか、価格が割高なことも要因。同省は保証金対象を拡大するなどして普及を後押ししている。
 同省旅客課によると、3月末時点で全国に5万9195台ある乗合バスのうち、車高30センチメートル以下のNSバスは1万6534台(27.9%)で、2000年の交通バリアフリー法(現・バリアフリー新法)施行時に定めた目標「30%以上」に届かなかった。車高65センチメートル以下の「低床バス」を含むバリアフリー基準適合車両の普及率は49.4%だった。(略)

日本経済新聞2011年10月27日夕刊〜ノンステップバス普及率 山間部、都市と格差〜より紹介しました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2020 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!