Today is 月曜日
2020/02/17

2011/11/10

廃車予定公用車を被災地へ譲渡

by web-master — Categories: 働くるまと福祉車両Leave a comment

 都水道局と下水道局は8日、両局が所有している、廃車予定のワゴン車や乗用車など計55台を、東日本大震災で被災した自治体に譲渡すると発表した。被災地からの要望が強いことから無償で譲渡することを決めたという。今月から来年2月にかけて順次、被災地に贈られる。
 譲渡が決まったのは、水道、下水道両局の内規で、走行距離や使用年数の基準を超えたとして廃車となることが決まっていた公用車など。今回の震災では、津波で大量の乗用車などが流される被害が出ており、被災した自治体では公用車が慢性的に不足する状態が続いていることから、譲渡が決まった。

読売新聞2011年11月9日〜公用車55台被災地へ〜より紹介しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2020 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!