Today is 日曜日
2020/06/07

2005/04/16

リコール/スーパーグレート

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

○ふそうスーパーグレートの緩衝装置(Vロッド)

ふそうスーパーグレートの緩衝装置(Vロッド)について、平成17年4月15日に国土交通省にリコールを届け出た。
4バック式空気ばね緩衝装置付車両の後車軸を車枠に固定するVロッドにおいて、車軸との間のボールジョイント取付けナットの締結強度が不足しているため、車両旋回時等の横荷重により、当該ナットが緩むものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが脱落し、Vロッドと車軸が外れて操縦安定性が損なわれ、最悪の場合、車軸が横方向にずれて、タイヤ、ホイール等とショックアブソーバが接触し、ショックアブソーバのオイルが漏れ引火して、火災に至るおそれがある。
 改善措置:全車両、Vロッド一式を対策品に交換し、離脱防止のためのカバーを装着する。なお、対策品の全数供給に時間を要するため、当面の暫定措置として、Vロッドを新品(ジョイント固定ナットの締付け力を増大したもの)と交換し、後日、対策品と交換する。


 ○ふそうスーパーグレートの制動装置(ブレーキホース)及び緩衝装置(空気ばね)

ふそうスーパーグレートの制動装置(ブレーキホース)及び緩衝装置(空気ばね)について、平成17年4月15日に国土交通省にリコールを届け出た。
制動装置(ブレーキホース):スプリング式駐車制動装置のエアブレーキホースの取り回しが不適切なため、当該ホースが空気ばねと干渉するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースが損傷し、最悪の場合、エアが漏れ、駐車ブレーキが作動するおそれがある。
緩衝装置(空気ばね):後軸4バック式空気ばね緩衝装置付車両において、空気ばねに誤品を組付けたため、空気ばねのダイヤフラムとスタビライザブラケットの隙間が少なく、干渉するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ダイヤフラムが破損、エアが漏れてエアサスペンションの警告灯が点灯し、車両が傾斜して走行安定性が損なわれるおそれがある。

 改善措置:制動装置(ブレーキホース)/全車両、当該ホースを対策品と交換するとともにホースの取り回しを変更する。又、一部機種は、ホースの取り回し変更に伴い、主制動装置用エアホースを長さ変更品と交換する。又、整備解説書に当該ホースの取り回しについての注意事項を追記する。なお、空気ばねに損傷がある場合には、新品と交換する。
緩衝装置(空気ばね)/全車両、空気ばねを点検し、誤品が組付けされていた場合は、正規新品と交換する。


上記について車名、型式、対象車の車台番号範囲や製作期間など詳細は
三菱ふそうウェブサイト

http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/recall/050415/1415.html


http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/recall/050415/1416.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2020 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!