Today is 日曜日
2020/06/07

2005/06/26

三菱ふそうトラックのリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 三菱ふそうトラック・バスは、ふそうスーパーグレートの制動装置(エアタンク)について、平成17年6月22日に国土交通省にリコールを届け出た。
 エアタンクとバッテリボックスを固定する金具の取付けボルトの締付けが不適切なため、走行中の振動等により、当該ボルトが脱落するものがある。
そのため、そのままの状態で使用すると、エアタンクが傾いて、エアタンクに接続されているエア配管が損傷しエアが漏れ、最悪の場合、制動力が低下する、あるいは、変速操作ができなくなるおそれがある。
平成8年7月から平成12年3月までに生産された合計2425台が対象。
 改善措置として、全車両、当該ボルトの締付け状況を確認し、緩みがあるものは正規に締付ける。
また、ボルトが脱落しているものは、新品を取付ける。

 型式、車台番号の範囲および製作期間等詳細は
三菱ふそうウェブサイト

http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/recall/050622/1456.html

 三菱ふそうトラック・バスは、ふそうキャンターガッツの走行装置(ハブベアリング)について、平成17年6月22日に国土交通省にリコールを届け出た。
 前輪独立懸架車の走行装置において、前輪ハブ内側軸受け部の水浸入防止構造が不適切なため、当該軸受け内部に泥水が浸入して錆付き・摩耗が生じるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、車体振動・異音が発生し、最悪の場合、当該軸受けが破損し、走行不能となるおそれがある。
平成14年5月から平成15年10月までに生産された合計10022台が対象。
 1)2輪駆動車
全車両、ハブオイルシール部への被水を防止するため、防水カバー、ハブオイルシールを対策品に交換する。また、ナックルのオイルシール部が発錆している場合があるため、当該部にリテーナーを追加圧入する。さらに、軸受けを点検し、異常のあるものは新品と交換する。
 2)4輪駆動車
全車両、ハブオイルシール部への被水を防止するため、防水カバーを対策品に交換する。また、ハブオイルシールを新品と交換するとともに、軸受けを点検し、異常のあるものは新品と交換する。さらに、ナックルのオイルシール部が発錆している場合はナックルを新品に交換する。

 型式、車台番号の範囲および製作期間等詳細は
三菱ふそうウェブサイト

http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/recall/050622/1457.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

© 2020 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!