Today is 土曜日
2019/11/23

Category: トラック事業者情報

2011/06/21

東北地方の高速道路無料化スタートで混雑

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

20日から、東北自動車道と常磐自動車道などで、被災者やトラック、バスの高速料金無料化が開始して、区間の高速道路では渋滞も発生したようです。
画像は、20日正午のNHKニュースより





2011/06/03

トラック運賃の高騰

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 東日本大震災の影響で東北に向かうトラック運賃が高騰している。東京発仙台行きは震災の前に比べ5割高くなった。復旧のための物資の輸送が増えたことなどが理由だ。西日本から関東に商品を送る動きも活発になり、大阪発東京行きも同1割強値上げしている。
 東京発仙台行き(チャーター、積載重量10トン、1台)は現在9万円前後。震災前は6万円前後だった。一部では10万円強の契約もあり上昇傾向が強まっている。被災地向けには飲料や食料に加え、生活の再建に向けた家具など日用品の輸送が活発だ。
 一方、東北の工場が被災し、東北から関東に向かう荷物は減少している。帰りに運ぶ荷物が減って採算が悪いため、運送業者は往路で高めの運賃を求めざるを得ない事情もある。
 大阪発東京行きは震災前の7万円から8万円前後に上昇した。倉庫が被災するなど一部のメーカーは関東の在庫が大幅に減少。関西から商品を調達し東日本の店舗に運ぶ例が増えている。
 日銀がまとめたトラック運賃などの「道路貨物輸送」の価格指数(4月)が1年半ぶり高水準になった。一方、仙台発東京行きは荷物の減少が響き、震災前の5万円前後が約4万円に下がった。

日本経済新聞2011年5月27日夕刊〜トラック運賃 震災で高騰〜より紹介しました

2011/05/27

被災者の高速道路料金無料で検討

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 政府・民主党は東日本大震災の被災者が被災地で高速道路を乗り降りする場合、料金を無料にする方向で検討に入った。被災地以外に避難した人たちの移動の負担を軽くしたり、被災地の企業活動を支援したりする狙いで、自治体が発行する罹災証明書を料金所で提示すれば、料金を徴収しない。「休日上限1000円」の割引制度が終わる6月中旬から実施する方針だ。
 制度を導入すれば、例えば被災者が東北と九州を行き来しても高速料金が無料になる。避難先から自宅に一時的に戻る場合などを見込む。全車種を対象にする方向だ。
 政府・民主党はこれとは別に、トラックやバスなどの中・大型車を対象に、東北道など被災地域の高速道路の無料化も検討している。被災地への物資輸送や観光を後押しし、被災地の復興につなげたい考えだ。
 無料化のための財源は、高速道路会社が現在実施している深夜や通勤時間帯の割引制度の組み替えなどを想定している。当面は政府の新たな財政支出は必要ない。政府は「休日上限1000円」の割引制度と全国50区間で実施している無料化実験が6月中旬に終了することから、被災地の支援策として導入を検討していた。

日本経済新聞2011年5月26日夕刊〜被災者 高速道無料に〜より紹介しました

2011/03/29

JAFのロードサービス追加

JAFが、4月1日より、ロードサービス対象車種が追加になっています。
大型トラックでキーを閉じこめた場合なども、対象になります。(サイトより)

ロードサービス対象車種 (平成22年4月1日改定)
1.車両重量3000kg以下かつ最大積載量2000kg以下の自動車(ミニカーを含む)及び原動機付自転車を対象とします。
2.キーの閉じ込み、燃料切れの救援作業に限り、車両重量3001kg以上の自動車を対象とします。
※いずれも、大型特殊自動車及び小型特殊自動車には出動いたしません。

JAFロードサービス

2011/03/04

サウジアラビアに新工場を建設:いすゞ自動車

 いすゞ自動車はサウジアラビアに新工場を建設する。年内に全額出資の子会社を設立、2012年末から中型トラックを年600台生産する。中東での需要拡大が見込まれるため。インドでも4月から現地生産を拡大。現在はバスを年50台生産しているが、中型トラックを加え、年数百台規模の生産をめざす。

朝日新聞2011年2月15日〜サウジにいすゞ新工場〜より紹介しました

2011/02/28

乗用車タイヤ8%値上げ/日本経済新聞

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 ブリヂストンは9日、国内の店舗などで市販する乗用車タイヤの出荷価格を6月1日から平均8%引き上げると発表した。値上げは2008年9月以来。横浜ゴムと東洋ゴム工業も4月からタイヤ値上げする方針を表明済みで、天然ゴムなど原材料価格高騰の影響が広がっている。
 値上げはオートバイなど二輪自動車(上げ幅8%)なども対象となる。すでにトラック?バス用については3月から7%値上げする方針を打ち出している。
 中国のタイヤ需要や投機マネーの流入で、天然ゴムの先物価格は過去最高値を更新中。合成ゴムや副原料なども値上がりしている。国内のタイヤ需要が低迷するなか、最大手のブリヂストンをはじめメーカーは値上げに慎重だったが、歴史的な原材料高を受けて価格転嫁に踏み切る。国内2位の住友ゴム工業も近く値上げ表明するとみられる。

日本経済新聞2011年2月10日〜乗用車タイヤ8%値上げ〜より紹介しました

2011/02/08

高速道路無料化で5区間追加

by web-master — Categories: トラック事業者情報Leave a comment

 国土交通省は4日、2011年度の高速道路無料化の社会実験について、夜間の大型車に限り北陸道全線や道央道の一部など5区間を追加する方針を固めた。物流コスト引き下げの効果を検証するとともに、夜間に一般道を走る大型トラックを高速道路に誘導する。
 加えるのは北陸道の全線と新潟中央ジャンクションで接続する磐越道の一部、道央道、東北道、北関東道、九州道のそれぞれ一部区間。6月から半年程度実施する。
 同省は昨年6月から全国の50区間で全車種の通行を無料化する社会実験を実施。地方自治態勢の意見を踏まえ、渋滞発生が多かった一部区間を除き11年度も継続する。

日本経済新聞2011年2月5日〜高速道無料化に北陸道など追加〜より紹介しました

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next
© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!