Today is 金曜日
2017/11/24

Category: バス情報

2011/12/28

携帯で都バス運行情報サービス

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 東京都は26日、都営バスの停留所の位置を携帯電話で検索できる新サービスを導入した。全地球測位システム(GPS)機能を活用し、自分がいる場所の周囲にある停留所を地図上で表示する。都営バスは路線が多く、普段、利用していない人でも使いやすくする。都バスの公式サイト「都バス運行情報サービス」に接続して利用できる。携帯のGPS機能で自分が今いる場所の情報を返信すると、近くの停留所が表示される。停車するバス路線のほか、時刻表や運行状況も確認できる。
 都営バスの利用は減っている。2010年度の1日平均の利用者数は約55万人で、40年前に比べると半減している。土地勘のない人でもバスを利用しやすくして利用増につなげる。

日本経済新聞2011年12月27日〜携帯でバス停留所検索〜より紹介しました

2011/12/09

スカイツリーの循環バスに電気バス導入へ

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 2011年5月の東京スカイツリー開業を前に、国土交通省は周囲を走る循環バスに電気自動車を導入する費用を補助する方針を固めた。運行する京成バスが電気バス1台と急速充電器2台を購入する費用の半分を補助する。国交省によると、電気で動く路線バスは日本で初めて。

日本経済新聞2011年11月30日〜循環路線に電気バス導入〜より紹介しました

2011/11/24

はとバスツアーが若者に人気

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 秋冬の人気レジャーであるバスツアーに参加する若者が増えている。もともとシニア層向けのイメージが強いが、観光施設の入場料込みや食事も付くお得感が20代をひきつけている。ツアー運営会社も若者に照準を合わせたプランを拡充し、利用を促す。都心部を中心に若年層のマイカー離れも進んでおり、自家用車での行楽の一部がバスツアーにシフトしているようだ。(略)
 はとバスによると、20代の利用者は全体の約2割(11月)で、この4年で倍増した。特に12月〜3月は冬休みや春休みで若者の利用が伸びる傾向にあるという。中高年向けに日帰りバスツアーを催行するぽけかる倶楽部でも、9月〜10月に20代〜30代の利用者が全体の1割に達し、昨年の3倍に急増している。こうした動きに呼応して、バス会社や旅行会社も若者向けツアーを売り出している。ツアー代は6000〜1万円程度が中心。都心を回るプランもあるが、「交通の便が悪い場所に向かい、食べ放題も付くお得感の高いプランに人気が集まっている」(はとバス)。(略)
 若者が指示する背景には手軽さだけでなく、車を持たない人の増加も影響している。全国の1世帯あたりの車保有台数は1.081台(3月末)と前年比横ばい。だが車利用の前提となる運転免許証を持っている割合は20〜24歳で77.6%(2010年末)で、06年末に比べて4.6ポイント低下した。ソニー損害保険が実施した新成人1000人への調査(1月)でも「車を持つ経済的余裕がない」と答えた人が7割に上っている。

日本経済新聞11月22日〜バスツアー若者も乗る〜より紹介しました


2011/11/01

ノンステップバスの普及率

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 全国の乗合バスのうち障害者や高齢者が乗降しやすい「ノンステップ(NS)バス」の今年3月末時点の普及率が都道府県別で0.6%〜59.9%と大きな格差があることが27日、国土交通省の調査で分かった。車高が低いため山間部や豪雪地帯への導入が難しいほか、価格が割高なことも要因。同省は保証金対象を拡大するなどして普及を後押ししている。
 同省旅客課によると、3月末時点で全国に5万9195台ある乗合バスのうち、車高30センチメートル以下のNSバスは1万6534台(27.9%)で、2000年の交通バリアフリー法(現・バリアフリー新法)施行時に定めた目標「30%以上」に届かなかった。車高65センチメートル以下の「低床バス」を含むバリアフリー基準適合車両の普及率は49.4%だった。(略)

日本経済新聞2011年10月27日夕刊〜ノンステップバス普及率 山間部、都市と格差〜より紹介しました


2011/10/06

バスで百貨店の営業

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 百貨店の閉店も相次ぐ地方での消費掘り起こしを狙おうと、「動く百貨店」がお目見えした。化粧品の訪問販売大手ポーラ・オルビスホールディングスが5日から、車内を店にしたユニークなバスで営業を始める。来年度にかけて全国250カ所を訪れる計画だ。
 総額7500万円をかけ全長12メートルの大型バスを1台改造。車内に大きなソファや鏡、広めのトイレも付け、店舗の作りにした。
 服飾品やアクセサリーを販売。店員が2人乗り込み、訪問販売員12万人の営業を支援する。小泉執行役員は「近所で百貨店気分を味わってほしい」。5日はまず茨城県常陸太田市を訪れる。(略)

朝日新聞2011年10月4日〜バスの百貨店全国訪問(西山明宏氏による)〜より紹介しました


2011/09/27

ウィラーが大阪で路線バス参入

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 高速ツアーバス最大手のウィラー・アライアンスは1日、12月をめどに道路運送法に基づく高速路線バス事業に参入することを発表した。まず大阪南港と、大阪・梅田、京都を結ぶ。従来の旅行商品としてのツアーバスと違い、路線バス事業の認可を受けることで予約なしで乗車券を購入できる環境を整え、利用拡大を図る。
 このほど近畿運輸局に、大阪南港から大阪・梅田経由で京都を結ぶ路線の新設を申請した。1日5往復で大阪・梅田まで500円、大阪南港〜京都まで1000円。ウィラーはフェリーの乗車券も販売しており、港までのアクセス改善で利用を促す。ツアーバスは旅行商品のため、予約が必要。フェリー乗客が誰でもバスに乗れるように路線の認可を取得する。

日本経済新聞2011年9月2日〜ウィラー、路線バス参入〜より紹介しました



2011/09/20

京王バスで座席指定予約可能

by web-master — Categories: バス情報Leave a comment

 中央自動車道を利用した高速バスを運行する京王電鉄グループの京王電鉄バスなど8社は、東京・新宿と山梨、長野などを結ぶ13路線で座席を指定して予約できる新たなサービスを始めた。パソコンや携帯電話の画面に表示された座席表から空席状況などを確認し、座席を選ぶ。高速バスの座席を個別指定できるサービスは珍しいという。
 高速バス予約サイト「ハイウェイバスドットコム」で指定する。クレジットカードで運賃の支払いした人などが利用できる。対象路線は新宿と甲府、松本などを結ぶ13路線。窓口販売での座席指定はできないという。

日本経済新聞2011年9月10日〜高速バスの予約座席指定可能に〜より紹介しました


Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 32 33 34 Next
© 2017 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!