Today is 水曜日
2019/06/26

Category: ボディメーカー情報

2007/03/19

昭和飛行機工業の新型タンクローリー

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

 昭和飛行機工業は、新型タンクローリーの18klと30klタイプのトレーラーを開発、発表した。このトレーラーは「現行法規のなかで、積載効率を極限まで向上できるか」を目的に開発されたもので「MEU」という名称がつけられている。
立地条件の厳しいガソリンスタンドに、一度の配送でいかに効率よく多くの石油を運べるか、かつ安全性や作業性などを追求したもの。

画像、その他詳細については
昭和飛行機工業/新着情報2007.3.27

2007/03/13

大型接着パネル冷凍バン発売

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

 トランテックスは、『ハイスター冷凍バン』シリーズに、接着パネルタイプの大型冷凍バンを2月1日より発売した。庫内容積の拡大と軽量化を実現させた。荷物室はノンフロンスチレン断熱材、スチレンフォームとアルミのサンドイッチパネルを採用した。また側扉埋込式ヒンジ&ロックバーを標準採用し、内寸幅2280mmを確保し荷物室内容積を拡大し、ボディの軽量化も実現した。

上記ソースおよび詳細は
トランテックス/News release 2007年3月

2007/03/11

トラックボディーの2次架装根絶を

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

 日本自動車車体工業会は、トラックボディーの二次架装の根絶に向け、架装メーカーやトラックディラーを対象に顧客説明用ツールの配布を開始した。日本自動車販売協会連合会と共同で、合計5万3千部を作製した。不正改造の具体例や違反による罰則事例を掲載したもので、こうしたツールの配布は今回で2回目。新たに国道交通省が手がける不正改造110番制度なども紹介し、違法行為の徹底排除に向けて工夫を凝らした。今後、全国の架装メーカー、販売会社による活用拡大が期待される。トラックの二次架装は新車販売の際に各地の運輸支局などによる車両検査・登録を受ける段階で、部品を外すなど重量を操作することで検査をパス。納車前に再度、部品装着や交換などの改造を施すものだ。これを実施した後、各機関に構造変更届を提出しなかった場合、道路運送車両法(車両法)上の違法行為となる。トラック需要が冷え込んだ00〜03年頃に急増し問題化した。現在、こうした改造は減少傾向にあるが、依然としてトラックディーラーや架装メーカーがユーザーに強要されるケースがある。

日刊自動車新聞2007年3月6日〜2次架装根絶 車工会、説明ツール製作〜より紹介しました

2007/03/10

KYBデジタルタコグラフ発売

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

 KYBは、国土交通省の型式指定を取得した「デジタルタコグラフDT-100」をトラック・バスなどの事業者向けに、今月から販売を開始した。従来は円形のチャート紙に記録していた運行情報を、メモリーカードにデジタルで記録するようにした装置で、経済的な走行による燃費向上、運転教育による事故の低減、チャート紙解析にかかる時間を削減することで業務の合理化につながる。主な特徴は、簡単に操作ができるようにシンプルな設計にしたことと、ドライブレコーダーと組み合わせる発展性を持たせたこと。昨年5月に発売したドライブレコーダー「DRE-100」と組み合わせることでさらなる事故の低減と、事故処理に要する時間とコストを削減できるとする。ドライバーの育成につながる運転診断ソフトもオプションで用意する。記録項目は、運行年月日、時刻、距離、速度、エンジン回転数、ドア開閉信号、バックギア信号、ブレーキ信号。価格はオープン。

日刊自動車新聞2007年3月3日〜KYB、デジタルタコグラフを発売〜より紹介しました

2007/03/07

高所作業車を上尾市に寄贈

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

 高所作業車大手のアイチコーポレーションは、創立45周年(2月2日)を記念して、アイチコーポレーション所在地の埼玉県上尾市に高所作業装置「スカイタワーSL06A」を寄贈した。

上記ニュースと画像は

アイチコーポレーション/News Headlines 2007年2月6日

2007/03/04

極東開発工業が日本トレクスを子会社化

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

 特装車の総合メーカー極東開発工業は、2月27日の取締役会において、発行済全株式を住友グループより取得し日本トレクスを子会社化すると発表した。
 極東開発工業は、ダンプトラック、コンクリートポンプ車、テールゲートリフター、タンクローリー、ゴミ収集車などの特装車の製造を行ってきた。日本トレクスの子会社化により、同社の事業であるトレーラー、ウイングボディーなどの分野に進出する。


上記ソースおよび詳細については
極東開発工業

2007/02/22

日本トレクスリヤデッキ昇降式コンテナトレーラ発売

by web-master — Categories: ボディメーカー情報Leave a comment

日本トレクス(TREX)の広告より

 ISO 20ft&40ftコンテナ兼用タイプ リヤデッキ昇降式コンテナトレーラ
平成19年2月先行販売開始
 ・かんたん操作 伸縮しないから20f〜40ftコンテナの積載も簡単・スピーディー
    (他社は20ft〜40ftコンテナの積載時にはスライド操作が必要)
 ・安全&安心 リヤ補助脚+昇降デッキで安全・安心のバンニング
    (他社は、フォークリフト乗入れ時の荷重変動により上下動が発生)
 ・メンテナンス性 補助脚を利用した単純構造だから長く使えてメンテナンス性も抜群
    (他社は2アクション機構だから可動部毎にメンテナンスが必要)


日刊自動車新聞平成19年2月20日分広告より紹介しました

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next
© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!