Today is 日曜日
2017/09/24

Category: リコール情報

2011/12/12

UDトラックス大型トラックのリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 UDトラックス(旧日産ディーゼル工業)は、12月8日、国土交通省にリコールを届け出た。

(以下サイトのリコール情報より)
不具合の状況:低床式後2軸駆動の大型トラックの後前軸側終減速機において、前側フランジのスプライン部の遊びが大きいため、当該フランジとスプラインシャフトを固定する締結用ボルトに過大な入力が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが折損し、最悪の場合、当該フランジと接続されているプロペラシャフトが脱落し、走行不能となるおそれがある。
改善の内容:全車両、フランジを対策品と交換するとともに、締結用ボルト、ワッシャ及びスペーサを新品と交換する。

なお、型式、車台番号の範囲および製作期間など詳細については
UDトラックス・リコール情報

2011/11/11

トヨタ自動車エスティマなど10車種リコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 トヨタ自動車は、ワゴン車のアルファード、エスティマなど10車種の一部について、11月9日、国土交通省にリコールを届け出た。

(以下サイトより)
不具合の状況:エンジンのクランクシャフトプーリにおいて、プーリ外輪と防振ゴム間の接着剤塗布量が不足しているものがある。そのため、当該接着部が剥がれてプーリ外側が空転することで異音が発生したり、充電警告灯が点灯することがある。また、最悪の場合、パワーステアリングポンプ用ベルトが外れて、急にハンドル操作力が増大するおそれがある。
改善の内容:全車両、当該クランクシャフトプーリの製造記号を確認し、該当するものは良品に交換する。

上記はサイトより。
なおリコール対象車の型式、車台番号、製作期間など詳細については
トヨタ自動車リコール情報11月9日届出

2011/10/31

ダイハツのハイゼットダンプ仕様車リコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 ダイハツ工業は10月26日、ハイゼット(ダンプ仕様車)のリコールを国土交通省に届け出た。
 (サイトより)
不具合の内容:ダンプ仕様車において、ダンプスイッチの構造が不適切なため、上部に設置したカップホルダーからこぼれた飲料水等が、スイッチの接点部に浸入することがある。そのため、最悪の場合、電源回路が短絡しダンプが誤作動するおそれがある。
改善の内容:全車両、ダンプスイッチを対策品に交換するとともに、カップホルダー取付部に止水スポンジを設定する。

なお、上記情報と対象車の型式、車台番号の範囲および製作期間など詳細は
ダイハツ工業What’s New 2011.10.26

2011/10/24

いすゞ大型トラック2車種リコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 いすゞ自動車は、10月20日、大型トラック「ギガ」「フォワード」の2車種について国土交通省にリコールを届け出た。

(以下サイトより)
 不具合の状況:運行情報システムを搭載している車両において、当該システムのコントローラの制御プログラムが不適切なため、運行 情報を処理する複数の作業が重なった場合、車速データの記録プログラムが停止することがある。そのため、当該システムに内蔵されているデジタル式運行記録計へ、車速データが記録できなくなるおそれがある。
 改善の内容:全車両、運行情報システムコントローラの制御プログラムを書き換える。

 上記の記事および型式、車台番号および製作期間など詳細については
サイトいすゞ自動車リコール情報

2011/09/30

キャンター、エアロエースなどリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 三菱ふそうトラック・バスは9月27日、ふそう「キャンター」、大型バス「エアロエース」「エアロクイーン」についてリコールを国土交通省に届け出た。

(サイトより)かじ取り装置において、製造工程の管理が不適切なため、操舵力を伝える歯車を固定するナットの締付けが不十分なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが緩み、操舵不能となるおそれがある。
 改善措置内容として、全車両、当該ナットの締付け状態を点検し、緩みが認められた場合は良品のベベルギヤに交換する。
 
なお、上記内容、対象車種の型式、リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間、詳細については三菱ふそうトラック・バスリコール情報


2011/09/22

エアロミディ、エアロスターのリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 三菱ふそう・トラックバスは、9月20日、「エアロミディ」「エアロスター」の2車種合計491台のリコールを国土交通省に届け出た。
(以下、サイトより)
 大中型バスに搭載された原動機において、高圧燃料噴射パイプの製造時のばらつきにより、当該パイプのコネクター部内面に発生したしわに燃料噴射圧が加わり、当該パイプのコネクター部に亀裂が入り燃料がにじみ滴下するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、にじみ滴下した燃料がエンジン上部にあるロッカーカバーの溝に溜まり、車両の挙動により溜まった燃料が外部に漏れ出し、火災に至るおそれがある。
 改善措置の内容として、全車両、高圧燃料噴射パイプを対策品と交換する。

 なお、上記内容について、また、型式、リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間など詳細は三菱ふそう・トラック・バスリコールなどの情報


2011/09/12

いすゞ「フォワード」改善対策

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 いすゞ自動車は9日、トラック「フォワード」886台(2010年6月〜11年5月製造)について、運転の仕方によって、窒素酸化物(NOx)排出量が増えるおそれがあるとして、エンジン交換などを無償で行う「改善対策」を国土交通省に届け出た。国交省によると、問題のトラックのNOx排出量は、国が定めた測定方法による検査では、排ガス基準内に収まっていたが、都の実験で、急加速などの条件を加えた結果、急増することが判明。国の保安基準には適合しているためリコールの必要はないが、「公害防止上、放置できない」として改善対策が実施される。

読売新聞2011年9月10日〜「フォワード」改善対策〜より紹介しました

参考 いすゞ自動車リコール情報



Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 22 23 Next
© 2017 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!