Today is 月曜日
2021/04/12

Category: リコール情報

2004/12/09

ファイター、ローザ

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

三菱ふそう1万台リコール 5車種にエンストの恐れ
————————————————————————
 三菱ふそうトラック・バスは8日、トラック「ファイター」、バス「ローザ」など5車種にエンストの恐れがあるとして、計約1万台(昨年4月−今年9月生産)のリコールを国土交通省に届けた。隠ぺいや放置していた47件とは別の通常リコール。
 発電機のコイル部分がショートし、エンスト、再始動できなくなる恐れがある。
 今年7月、神奈川県内でトラックが左折中にエンストし、路肩のポールと接触する物損事故があった。


河北新報2004年12月08日水曜日
————————————————————————

http://www.kahoku.co.jp/news/2004/12/2004120801002729.htmより

2004/12/02

三菱ふそう新たなリコール1400台

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

三菱ふそう新たなリコール

三菱ふそうトラック・バスは1日、観光バスとトラックの後輪に新たな欠陥が見つかったとして、近く軽1400台のリコールを国土交通省に届け出ることを明らかにした。ブレーキ関連部品から出火する不具合が昨年8月以降計7件起きているが、けが人は出ていないという。同社によると、後輪のブレーキに関係するゴム部品が老朽化して変形し、ブレーキがかかった状態になって過熱し、出火する恐れがあるという。91〜99年に製造された1800台が対象となる予定で、うち300台が観光バス。
朝日新聞2004年12月2日37面より抜粋

2004/11/30

リコール不正企業に厳格化

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

型式認証制度:
リコール不正企業に厳格化 国交省

 自動車の安全性を審査する型式認証制度について、国土交通省は30日、リコール(回収・無償修理)に関して不正があったメーカーに対して審査を厳格化するとともに、再発防止策が十分でない場合は新車生産を認めない方針を決めた。三菱ふそうトラック・バスの欠陥隠し問題をきっかけに、有識者による検討会で議論し、中間報告をまとめた。年度内に道路運送車両法の省令改正などを進める。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20041130k0000e040046000c.htmlより抜粋

2004/11/26

いすずフォワードの排気管に不具合

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 いすず自動車は25日「フォワード」の排気管に不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。03年6月から04年9月までに生産した109台が対象。圧縮天然ガス(CNG)自動車の排気マニホールドに結合されている排気管の接続部の強度不足で、発進時のエンジン振動により当該接続部に亀裂が入ることがある。使用を継続すると排気管が折損し、騒音が増大する恐れ。

(2004年11月26日 日刊自動車新聞より抜粋)

2004/11/25

三菱ふそう、「F型」フロントハブ不具合で新たなリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

三菱ふそう、「F型」フロントハブ不具合で新たなリコール
2004年11月25日 09時51分

三菱ふそうトラック・バス(本社東京)は、フロントハブとリアハブの不具合で大型車の一部車種を新たにリコールすると発表した。2004年12月中旬を予定する。
不具合が新たに判明したフロントハブは、1996年6月から現在までに製造した車種に搭載する「F型」。それ以前のフロントハブに比べ、フランジの付け根の隅Rを大きくして強度を高めたタイプだが、同社が新たに設定した安全基準を満たしていないという理由でリコールする。対策品は、隅Rを7mmと現在の5mmよりさらに大きくし、フランジも厚くする。(高野 敦)

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/mech/345674より

2004/11/23

大型車フロント・リヤハブ関連一部報道記事に関して

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

2004年11月22日

大型車フロント・リヤハブ関連一部報道記事に関して

弊社は今年3月24日に96年型以前の大型トラック及びバスのフロントハブを、また4月15日に89年〜92年の間の同一部車種のリヤハブのリコール届出を致しました。

また、これらの対応に併せ、安全性を確保するとの強い信念から過去に遡り現在生産しているハブを含め、大型トラック・バス全てのフロント及びリヤハブの強度検証を行ってまいりました。

検証方法も社外の学識経験者及び国土交通省傘下の研究機関等の技術指導を受けながら新たな検証手法を確立し、今回全ての大型車のハブの検証を終了いたしました。

これらの新しい検証手法に基づく解析の結果、たとえ過去に路上故障及び事故を起こしていない車種であっても、この検証方法による厳格な基準に満たないハブについては、市場措置を行うことと致しました。これは国土交通省の指示によるものではなく、当社が自主的に検討し、実施した対策です。

尚、市場措置の詳細については、現在資料の最終的な取りまとめをしておりますので、11月24日(水)15時からの定例記者会見で発表いたします。


三菱ふそうトラック・バス株式会社
広報部

http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/news_content/041122/041122.htmlより

2004/11/15

日産ディーゼル大型車リコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 日産ディーゼル、大型車の前輪ハブに欠陥で3万1千台リコール (11月12日)
 対象は、今年までの7年間に製造した大型トラックや観光バスなど約3万1千台。
強度不足のため、過積載を繰り返すと、破断する恐れがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041112-00000511-yom-sociより抜粋

 
なお

http://www.asahi.com/national/update/1112/019.html

にも詳しく紹介。

Pages: Prev 1 2 3 ... 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 Next
© 2021 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!