Today is 月曜日
2021/04/12

Category: リコール情報

2007/02/16

東急車輌の特装自動車、リコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 東急車輌製造は、「いすゞギガ・タンクローリー」の車枠に不具合があるとして、平成19年2月13日、国土交通省にリコールを届け出た。
 タンクローリにおいて、タンクとシャシフレームを結合する金具の取付位置が不適切なため、当該金具取付部付近のフレームに亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合、フレームが折損し、走行不能となるおそれがある。
平成12年5月25日から平成18年10月25日に生産された154台が対象。
改善処置として、全車両、フレームの亀裂を確認する。その中で亀裂が確認されたものは、補修を行う。また全車両結合金具の取り付け位置を変更する。


上記ソース及びリコール対象車の型式、車台番号の範囲と製作期間など詳細は
東急車輌更新情報07.2.13

2007/02/08

三菱ふそうトラック・バスザ・グレートなどリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 三菱ふそうトラック・バスは、ふそうザ・グレート、スーパーグレートの走行装置(フロントハブ)に不具合があるとして、平成19年2月6日、国土交通省にリコールを届け出た。フロントハブにおいて、ホイールナットの過大締付けトルクや過積載等の想定を超える使用環境に対する余裕が十分ではないため、ハブのフランジ付け根部付近の応力が過大となり、当該部に亀裂が発生することがある。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合、ハブが破断するおそれがある。
平成2年10月30日から平成17年12月8日に生産された55057台が対象。
改善措置の内容は、全車両、フロントハブ及びブレーキドラムを対策品(F3ハブ)に交換する。また、フロントハブの対策品を装着するために周辺部品も交換する必要のある車両(ザ・グレートのABS付トラクタ)については、ナックルスピンドル一式も交換する。なお、対策品については部品の供給に時間を要するため、部品が供給できるまでの暫定措置として亀裂点検を実施し、亀裂のあるものは対策品と交換し、亀裂のないものは、後日対策品と交換する。

上記ニュース&型式、車台番号および製作期間の範囲、その他詳細は
三菱ふそうトラック・バス/リコール情報2007.2.6

2007/02/06

三菱ふそうトラック・バス大型トラックリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 三菱ふそうトラック・バスは、ふそうスーパーグレートの動力伝達装置(クラッチ)に不具合があるとして、平成19年2月5日、国土交通省にリコールを届け出た。
 クラッチレリーズフォークのキー溝の強度が不足しているため、操作荷重のばらつきにより、当該キー溝部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、キー溝部に発生した亀裂が進行してレリーズフォークが破損し、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。
  平成12年1月29日から平成17年10月14日に生産された 23994台が対象。
改善対策の内容は、全車両、当該フォーク一式を対策品と交換する。

上記ソースおよび型式、対象車の車台番号の範囲および製作期間、その他詳細は

リコール情報/平成19年2月5日

2007/02/05

マツダタイタンなどリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 マツダは、ボンゴ、ボンゴブローニイ、タイタンダッシュのリコールを、平成19年2月2日に国土交通省に届け出た。
  フロント・サスペンションの製造工程において、組み付け作業が不適切なため、ロアアームとロアアームボールジョイントの組み付けボルトの締め付け力が不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが緩み、最悪の場合、当該ボルトが折損し、走行不能となるおそれがある。
 改善措置の内容としては、全車両、当該ボルトの締め付け状態を点検し、当該ボルトとロアアーム表面に隙がある、または、当該ボルトが脱落している場合は、ロアアームと当該ボルトを交換し、ボルトが折損している場合は併せてボールジョイントを交換する。また、当該ボルトとロアアーム表面に隙がない場合は、規定のトルクで締め付ける。

 上記ソースおよびリコール対象車の型式、車台番号の範囲および製作期間など詳細は
マツダ/リコール情報

2007/02/04

日産ディーゼル工業大型トラックのリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 日産ディーゼル工業は、大型トラックの動力伝達装置に不具合があるとして、平成19年1月30日、国土交通省にリコールを届け出た。
 プロペラシャフトのプラグ溶接位置の指示が不適切なため、溶接部の強度が不足しているものがある。そのため、そのまま使用を続けると、プラグ溶接部に亀裂が生じ、最悪の場合、プロペラシャフトが破損し、走行不能となるおそれがある。
 平成5年1月9日から平成17年6月27日に生産された7601台が対象。
改善の内容として、全車両、当該プロペラシャフトを対策品と交換する。

上記ソース&リコール対象車の型式、車台番号および製作期間など詳細は
日産ディーゼル工業2007.1.30

2007/01/26

日野デュトロのリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 日野自動車は、小型トラック「日野デュトロ」に不具合があるとして、平成19年1月24日、国土交通省にリコールを届け出た。
 ブレーキ倍力装置に負圧を供給するバキュームポンプを潤滑するオイル油路のユニオンボルトの設定が不適切なため、バキュームポンプへの潤滑油量が不足しているものがある。そのため、そのまま使用を続けると、バキュームポンプ内部のベーンが摩耗し、ポンプが破損して負圧が発生しなくなり、最悪の場合、制動距離が長くなるおそれがある。平成11年5月17日から平成16年6月11日までに生産された37,698台が対象。
 改善の内容として、全車両、配管途中のユニオンボルトを対策品に交換するとともに、当該バキュームポンプ又はバキュームポンプの部品(ロータ・ベーン)を新品と交換する。

 型式、車台番号の範囲および製作期間、その他詳細は
日野自動車/NEWS RELEASE2007年1月24日

2007/01/21

三菱ふそうトラック・バス大型トラックリコール

by web-master — Categories: リコール情報Leave a comment

 三菱ふそうトラック・バスは18日、大型トラックの「ハブ」(車輪と車軸をつなぐ部品)の車内基準が甘かったとして国土交通省にリコールを届け出た。04年のリコール対象車(1万3千台)を含む5万5600台が対象。国交省はリコール届け出を急がせるとともに、改修が確実に進んでいるかどうか厳しく監視する方針。

日刊自動車新聞2007年1月19日〜三菱ふそう、再びリコール〜より冒頭部分を紹介しました

 リコールについては三菱ふそうトラック・バスのサイトでも掲載している
三菱ふそうトラック・バス/更新情報2007.1.19

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 22 23 Next
© 2021 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!