Today is 土曜日
2019/11/23

Category: 自動車の総合情報

2011/11/30

年末年始の高速道路

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 高速道路各社は28日、年末年始期間(12月22日〜1月4日)に全国の高速道路で起きる渋滞の予測を発表した。10キロ以上の渋滞は1月2、3日に多く発生する見込み。10キロ以上は前年よりも36回少ない209回、30キロ以上は前年(23回)の半分以下の11回に減少。各社は「休日上限千円の終了や、車線増加の対策が進んだことなどが影響する」とみている。下りのピークは12月29日と30日、上りのピークは1月2日と3日。
 関越道上りの高坂サービスエリア付近で、2日午後5時ごろに最長となる45キロの渋滞が発生。また東名高速上りの大和トンネル付近で、2日午後7時ごろに40キロの渋滞を予測している。

日本経済新聞2011年11月29日〜1月2日と3日高速渋滞ピーク〜より紹介しました

2011/11/18

ガソリンの店頭価格が上昇

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 ガソリンの店頭価格が3カ月半ぶりに上昇した。石油情報センターが16日発表した14日時点の給油所のガソリン価格(レギュラー、全国平均)は1リットル142.7円と、前週比で0.2円上がった。原油相場の上昇が石油製品価格に波及した。
 値上がりしたのは神奈川や栃木、富山など25都道府県だった。(略)原油高を受け、石油元売り各社はガソリンの卸値を引き上げた。ただ、レジャーの閑散期とあって需要は低調。給油所間の販売競争は激しく、「小幅な値動きが続く」(同センター)の見方が多い。
 ハイオクガソリンは1リットル153.6円、軽油は同123.2円で、ともに前週比で0.3円上昇。灯油は4円値上がりして1缶(18リットル)1587円だった。

日本経済新聞2011年11月17日〜ガソリン店頭価格上昇〜より紹介しました


2011/11/17

イオンでEV関連事業参入

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 流通大手のイオンは、電気自動車(EV)の関連事業に参入する方針を明らかにした。店舗での充電などのサービス提供を積極化する。将来は、店舗網を生かしてEVを販売することも構想しており、自動車メーカーの系列ディーラーが握る流通の構造に風穴を開ける可能性もある。
 イオンは環境への負荷を減らす経営計画の中に、EVの積極利用を位置づけた。12月には三菱自動車が発売する商用EVを数台購入し、首都圏の店舗に配備して宅配事業に使う。社有車やグループの物流にも順次EVを導入する。
 店舗の駐車場には、一般客が利用できる充電所を設けていく。(略)来春をめどに22店程度まで増やす計画だ。充電費用そのものは無料だが、充電している時間で利用者が店舗で買い物をすることが見込める。(略)

朝日新聞2011年11月17日〜EV関連参入へ〜より紹介しました


2011/11/15

三菱の新型「RVR」発売

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 三菱自動車はスポーツ用多目的車(SUV)の「RVR」を大幅に改良して20日発売した。従来より効率よく回るエンジン(排気量1.8l)を新開発し、信号待ちなどでエンジンを止めるアイドリングストップ装置も搭載。燃費はガソリン1リットルあたり15.0〜15.8kmで従来より1割改善した。横滑り防止装置も付くほか、バックミラーに車体後方の画像を移す駐車補助装置も注文装備できる。新エンジン車は198万5千〜246万円。従来エンジン車は178万5千円。

朝日新聞2011年10月21日〜燃費改善 新型「RVR」〜より紹介しました

2011/11/14

EVの充電スタンド設立へ

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 住友商事と日産自動車など4社は9日、電気自動車(EV)などを対象とする充電サービス会社を設立すると発表した。早ければ来年2月にも神奈川県と東京都の一部で有料サービスを始める。利用料金は未定。EVの充電スタンドを当初数十カ所に設置するとみられる。EV普及を見据え、本格的なインフラを先駆けて整備する。(略)
 神奈川県の全域と東京都の世田谷区、品川区、大田区、港区にEVとプラグインハイブリッド(PHV)自動車向けの急速充電と普通充電スタンドを設立する。個人や法人利用を見込む。個人向け有料充電スタンドのサービスは国内初。現在全国に設置されている充電スタンドのほとんどは普及の意味合いが強く無料となっている。

日本経済新聞2011年11月10日〜EV有料充電の新会社〜より紹介しました


2011/11/09

ご当地ナンバー、地名と形状など検討

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 「富士山」「つくば」など18地域で使われている自動車の「ご当地ナンバー」について、国土交通省は他地域に導入を拡大する方向で検討を始めた。使用する地名を追加するだけでなく、欧州型の細長い形状や地域独自のデザイン導入の可否なども検討する。独自ナンバーを町おこしに活用しようという各地の動きも再燃しそうだ。
 同省は今月12日、有識者による懇談会を設置。ナンバープレート制度全体を見直し、来年夏をめどに方針をまとめる。車のナンバープレートは道路運送車両法で大きさや色、形状を詳細に規定している。各地の運輸支局または自動車検査登録事務所の地名を掲載するのが原則だが2004年、地域振興などを目的に基準を緩和。広く認知された地名で、域内の登録車両数が10万台超などの条件で「ご当地」表記の要望を募り、06〜08年に19地域で導入された。
 各地の自治体などからは、その後も新地名の追加を求める要望が相次いでいる。世界遺産になった岩手県が「平泉」を希望しているのをはじめ、群馬県「前橋」、鹿児島県「奄美」、三重県「伊勢志摩」などの提案もある。(略)

日本経済新聞2011年10月19日〜ご当地ナンバー熱再び?〜より記事前半部分を紹介しました


2011/11/08

第42回東京モーターショー12月開催

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 日本自動車工業会は4日、12月2日(一般公開は3日)から11日まで東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれる「第42会東京モーターショー2011」の概要を発表した。前回までは千葉市の幕張メッセで開いていたが、今回は24年ぶりに会場を東京に移す。仕事帰りのサラリーマンらを呼び込むため、これまで午後6時だった開場時間を午後8時までに延ばし、割安のナイター券を初めて発売する。期間中の目標入場者数は80万人。
 ショーには世界13の国・地域から171の企業・団体が出展する。世界で初めて発表される車両は52台、日本初公開は82台になる予定だ。出展者数は、リーマン・ショックの影響で大幅に落ち込んだ09年の前回より5割以上増えたものの、前々回(07年)と比べると7割程度にとどまる。海外の自動車メーカーは、ドイツを中心に欧州勢が多く出品を再開するが、米自動車大手3社(ビッグスリー)は、前回に続き参加を見送る。

読売新聞2011年11月5日〜モーターショーにナイター券〜より紹介しました


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 46 47 48 Next
© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!