Today is 土曜日
2019/11/23

Category: 自動車の総合情報

2005/02/12

アジアクロスカントリーラリー

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

8月にタイで「アジアクロカンラリー」

 SUVなどの四輪駆動車で競う国際自動車連盟(FIA)後任の「アジアクロスカントリーラリー2005」が、タイで8月に開催される。バンコクを起点に、タイ北部を折り返し地点としてパタヤのゴールを目指す走行距離約3200kmの競技で、今回が10回目。これに合わせて、日本の大会事務局が参加希望者を対象とした説明会、講習会を3月に実施する。同ラリーはタイ国内を時計回りに、秘境メーホンソン、スコータイ、アユタヤなどを経由して、ビーチリゾート「パタヤ」でフィニッシュ。山岳地帯を中心に農園地帯、高速路、ジャングルなどバラエティーに富んだ路面で競われる。開催は8月6〜12日の7日間で、オルティブインターナショナルが主催、タイ国政府観光庁、同スポーツ庁が後援する。
アジアクロスカントリー大会事務局(東京都豊島区)はラリー開催に向け、3月26日に静岡・モビリティーパークで説明会を開き、参加車両の製作方法の講習や体験模擬ラリーなどを実施する。模擬ラリーの参加は四輪駆動車が対象で、ノーマル車可。参加料は無料。問い合わせは次のメールまで。
info@axcr.com


日刊自動車新聞2005年2月12日7面ナビなびより

2005/02/10

首都高の実験、モニター募集

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

首都高の社会実験 モニターを募集 〜 国土交通省

 国土交通省は、ITS(高度道路交通システム)を活用した新しい交通事故防止対策として、首都高速道路で行う社会実験のモニターを募集する。3メディアVICS対応のカーナビゲーションを使用しており、実験区間である参宮橋カーブ区間をよく利用するドライバーが対象。
実験は3〜5月までの3ヶ月間実施する。モニター募集は11日から開始し25日までで、200人程度を募る。今回の社会実験は、見通しの悪いカーブ区間で、前方の渋滞や停止・ 減速車両の存在を、VICSビーコンを通じて後続のドライバーに知らせるもの。


2005年2月10日日刊自動車新聞より、紹介しました。

2005/02/08

ストロングライト

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

「スーパーストロングライト」という新商品を見つけました。
防滴仕様で水のかかる場所でも使用可、先端LED照明付にて狭くなったところも確実に照らすことができる、耐薬品性外筒を標準仕様にした、ノイズ対策も万全という特長。
HPでは、整備工場や作業時の補助照明として、また工作機械への取付にと用途を紹介しています。
「ストロングライト」には、コードレスタイプもあります。防雨仕様。
長距離や深夜のトラックの運転には備えとして重宝するのではないでしょうか。


嵯峨電機工業株式会社「ストロングライト」についてのサイトは
嵯峨電機工業株式会社

2005/02/06

注意!睡眠時無呼吸症候群

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

2003年12月のニュースですが、ご紹介します。

 『睡眠時無呼吸症候群(SAS)について
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に本人がまったく無意識のうちに幾度となく呼吸がとまってしまう病気です。医学的には、「10秒以上の無呼吸が、一晩(7時間以上の睡眠中)に30回以上生じる病態」と定義されています。無呼吸になる原因は、睡眠中にのどの筋肉がゆるんで舌が垂れ下がり、空気の通り道である気道をふさぎ、呼吸が止まってしまうことによります。』

※サイト内に自己診断テストがあります。また平成15年11月21日現在ですが、医療機関も紹介されています。

2003年12月12日社団法人全日本トラック協会HP「労働対策」より
全日本トラック協会

2005/02/02

運転と携帯電話使用

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

「20歳のドライバーが運転中に携帯電話を使った場合、その反応時間は携帯電話を使っていない70歳のドライバーと同じになる」ことがユタ大学の研究で示された。
若いドライバーが運転中に携帯電話を使用した場合、反応速度が高齢者並に低下し、事故の危険性が高まる—米ユタ大学の研究者らがこのような研究結果を発表した。この研究では、正常な視力と正規の運転免許証を持つ65〜74歳の高齢者20人(平均年齢70歳)と18〜25歳の若者20人(平均年齢20歳)をドライビングシュミレータでテストした。テストにより、18〜25歳のドライバーがシュミレータで運転しながら携帯電話で通話した場合、前の車のブレーキライトにタイする反応が携帯電話を使っていない65〜74歳のドライバーと同じくらい遅くなることが明らかになった。

 また高齢のドライバーが携帯電話で話した場合には、ブレーキライトへの反応がもっと遅くなったが、「高齢者は老化に加え、若者ほど携帯電話を使いこなせないために注意を振り分けることが難しく、混乱するばずだ」という予想ほどには悪化しなかったという。


IT media ニュース2005.2.2 より

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/02/news052.html

2005/02/01

ETC車載器

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 株式会社デンソーは、国内ETC車載器の累計出荷台数200万台を達成したと、ニュースリリースで発表。

『2001年3月の出荷以来、常に累計出荷台数トップシェアを維持し、業界最速となる4年弱で達成しました。
100万台出荷達成までは約3年(2001年3月〜2004年3月)かかりましたが、、ETC車載器の小型化やコストダウン等、より市場ニーズに応えた商品の投入により、100万台出荷から200万台出荷までの100万台は約1年(2004年3月〜2005年1月)で達成することができました。
 05年度の市場規模は、04年度に引き続き200万台(当社予測)を超えると見込んでおり、05年度内には、当社の累計出荷台数が300万台を超える見込みです。(略)』


株式会社デンソーニュースリリースより、

http://www.denso.co.jp/ja/newsreleases/050131-02.html

2005/01/31

首都高などの回数券廃止前倒し

by web-master — Categories: 自動車の総合情報Leave a comment

 国土交通省は1月28日、21日付で日本道路公団総裁、首都高速道路公団理事長、阪神高速道路公団理事長から申請されていた回数券廃止の前倒しなどに関する料金変更を認可した。回数券偽造問題対策として各道路公団が打ち出したもので、当初予定を2ヶ月早めるなどして、1月31日をもって高額回数券の販売を取りやめる。

 
日刊自動車新聞2005年1月31日2面より抜粋しました。

Pages: Prev 1 2 3 ... 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 Next
© 2019 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!