Today is 火曜日
2017/09/26

Tag: トラクターヘッド

2011/07/28

ベンツ アクトロス シングルトラクターヘッド WDB9540322K

ベンツ アクトロス シングルトラクターヘッドです。
この日の働く車

IMG_4328

メルセデスベンツ大型トラック
トラクターヘッド
                 中古トラックをお探しの方は、トラックリンク販売サイト 中古トラック在庫一覧へ
初度登録年:平成15年
車輌型式:車検証上は不明 車台番号による型式:WDB9540322K
駆動方式:4x2エアサス
車体の形状:トラクタ

IMG_4326

IMG_4331

カクワのカプラが装着されています。

IMG_4344

アクトロスの内装です。

IMG_4340

メーターの中央には2つのディスプレイが配置されています。
下の少し小さな画面は、マルチファンクションディスプレイで距離計、時計、ミッションが何速かの表示がされます。
上の大きめな画面は、車輌診断システム/テリジェントメンテナンスシステムで各種情報が表示されるのですが、ドイツ語及び英語での表記しか選べません。
何が書いてあるのかさっぱり分からない情報システムなのです・・・。

IMG_4369

ハイマウントされたキャビンは運転席が高く非常に見晴らしが良いのです。
しかしその分助手席コーナー部分の死角が大きいので狭い場所では、3個のミラーが大活躍。

IMG_4339

ミッションはテリジェントギアシフトと言うクラッチ操作の必要なマニュアルシフトです。
オートマの様に見えますが、シフトチェンジ毎にクラッチ操作が必要です。
T字型のレバー左右側面にそれぞれ丸いボタンがあります。
左側がニュートラルボタン、右側がファンクションボタンです
レバー前側には上下する平たいスイッチも伸びています。
平たいスイッチは、スプリッタスイッチです。

IMG_4335

このミッションはハイロー式の8段ミッションです。
前進発進の際は、4種類のギヤの選択を行ないます。
1速発進は、ファンクションボタンを押しながらシフトレバーを前に倒す。
2速発進は、シフトレバーを前に倒す。
3速発進は、一度シフトレバーを前に倒し、再度ファンクションボタンを押しながらレバーを前に倒す。
4速発進は、シフトレバーを2度前に倒す。
バックは、ファンクションボタンを押しながらシフトレバーを後に倒します。

発進後は、レバーを前に倒せば、速度により段数を自動で選んでくれます。
1段毎にギアを上げたい場合は、ファンクションボタンを押しながらレバーを前へ。
0.5段毎にギアを上げたければ、スプリッタスイッチを上側に持ち上げます。
操作が複雑ですよね、慣れがかなり必要なミッションなのです。

IMG_4336

このアクトロスのキャブアップは、手動の油圧ポンプにより行ないます。
助手席ステップ部の蓋を開けて、ポンプの切り替えレバー(正式名キャブチルトポンプバルブレバー)を手前側に動かします。
専用工具(ポンプレバー)をポンプに差し込みます。

IMG_4353

レバーを上下に動かすとレバーが段々重くなり、油圧ジャッキーを動かしている感覚が手に伝わってきます。
徐々にキャビンが動き出します。

IMG_4351

レバーを上下に60回以上動かしてようやく大きなキャビンが持ち上がりました。
手動キャビンは疲れます。
やはり電動チィルトキャビンが楽でよいですね。

IMG_4354

エンジン型式:541944 V型6気筒ディーゼルターボエンジン
排気量:11900cc 
馬力:394ps

IMG_4364

IMG_4367

IMG_4363

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取/販売/レンタルリース/リースバック
株式会社トラックリンク
TEL:048-661-9661
トラックリンク買取サイト:http://www.trucklink.co.jp
トラックリンク中古トラック在庫情報:http://www.trucklink.jp

2011/07/26

イスズ ギガ シングルトラクターヘッド KC-EXR82D1と12PE1エンジン

イスズ ギガ シングルトラクターヘッド KC-EXR82D1です。
この日の働く車

IMG_4298

初度登録年:平成8年
車輌型式:KC-EXR82D1          中古トラックをお探しの方は、トラックリンク販売サイト 中古トラック在庫一覧へ
駆動方式:4x2
車体の形状:トラクタ

IMG_4297

IMG_4300

ギガトラクタヘッドの内装です。
7速のマニュアルミッションです。

IMG_4308

ヨコシャのカプラーを装着しています。
カプラーとはトレーラーとドッキングをする際に連結を担うトラクターヘッド側の装置のことです。
ここはトレーラーの車体重量と積載物(積荷)の前側半分の重量が掛かる部分なのです。
ですからカプラーは、たいへん力持ちな装置なのです。

IMG_4322

手前に伸びているレバーは、トレーラーを切り離すときに使用します。

IMG_4325

トラクターの連結配線です。
電気配線、ブレーキ配管、ABS配線

IMG_4302

ブレーキ配管です。
エアーコンプレッサで圧縮されたブレーキ用の空気を送る配管です。
エマジェンシーとサービスの2本でワンセットとなります。

IMG_4304

電気配線です。
テールランプ、ウインカー、サイドマーカーランプ等の電気用の配線です。

IMG_4305

ABSブレーキ配線です。
トレーラーがABSブレーキに対応している車輌の場合に接続します。

IMG_4306

エンジン型式:12PE1 V型12気筒ディーゼルエンジン
排気量:22800cc
馬力:385ps 283kw

IMG_4312

排気量22800ccは、直6エンジンの大型トラック(10000cc-13000cc)のほぼ2倍の排気量です。
大きなエンジンですね-。

IMG_4316

12気筒の燃料噴射ポンプです。
各気筒にここからディーゼル燃料を送っています。
長いですね~。

IMG_4315

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取/販売/レンタルリース/リースバック
株式会社トラックリンク
TEL:048-661-9661
トラックリンク買取サイト:http://www.trucklink.co.jp
トラックリンク中古トラック在庫情報:http://www.trucklink.jp

2011/06/10

ボルボFH16 2デフトラクターヘッド&東急16輪中落ちトレーラーに川崎KLD70ZAホイ-ルローダーの積み込み

ボルボFH16 2デフトラクターヘッド&東急16輪中落ちトレーラーです。
Kawasaki KLD70ZAホイールローダーを積み込みます。
この日の働く車

ボルボ FH16 2デフ トラクターヘッド    中古トラックをお探しの方は、トラックリンク販売サイト 中古トラック在庫一覧へ
直列6気筒ターボエンジン 520馬力エンジンを搭載しています。

IMG_1519

東急 TD50J3T2 16輪の幅広トレーラー 自動アユミ付き
背の高い車輌を運べる様に、車体の真ん中の床が低くえぐれています。
低床中落ちトレーラーもしくは中落トレーラーと呼ばれます。

IMG_1517

IMG_1527

タイヤは1列に8本づつ取り付けられています。
前後2列で合計16本のタイヤが装着されています。

IMG_1524

リヤタイヤの上部にカバーはありません。
この上を直接、車輌が走って積み込みを行います。

IMG_1525

アユミ板の上げ下げはボタン操作で行ないます。

IMG_1528

IMG_1532

積み込みを行なう準備は完了しました。

IMG_1535

積み込みを行なう川崎のホイールローダーです。
バックでトレーラーの上に乗っかります。

IMG_1577

IMG_1578

IMG_1579

IMG_1580

IMG_1581

IMG_1582

中落の部分にしっかり車輌が載りました。

IMG_1583

車輌の積み込みが終わったら、次はアタッチメントの積み込みを行ないます。
標準バケットを4トンユニック車で吊ってもらいます。

IMG_1600

トレーラーのネックの上に積み込みます。

IMG_1615

バケットをワイヤーとがガッチャで締めたらバケットが落ちることはありません。

IMG_1617

無事に積み込みが終わりました。
雪かき用のアタッチメント、スノープラウが大きいので、余裕は僅か数センチでした。
本当にピッタリ!

IMG_1628

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取 販売 リース貸出
株式会社トラックリンク
代表取締役 桜井和彦
トラック買取:http://www.trucklink.co.jp
中古トラック販売:http://www.trucklink.jp

2011/06/04

UDビックサム トラクタ-ヘッド ハイリフトカプラ W-CK620BNT改&RF10エンジン

UDビックサム トラクタ-ヘッド ハイリフトカプラです。
この日の働く車

2-7d 022

UD 日産ディーゼル 大型トラック
ビックサム
初度登録年:平成7年
車輌型式:W-CK620BNT改      中古トラックをお探しの方は、トラックリンク販売サイト 中古トラック在庫一覧へ
駆動方式:4x2 
車体の形状:シングルデフトラクターヘッド

2-7d 023

2-7d 001

ハイリフトカプラとは、後に連結する被けん引車(トレーラー)を車輌ごとダンプアップをする事が出来る装置のことです。
油圧の力で重い車輌を持ち上げます。

2-7d 003

2-7d 008

新明和工業製ハイリフトカプラ

2-7d 021

2-7d 017

2-7d 020

この太い油圧シリンダーが持ち上げています。

2-7d 016

2-7d 015

エンジン型式:RF10 V型10気筒ディーゼルエンジン
排気量:21230cc馬力:420ps

CIMG1378

CIMG1376

CIMG1375

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取 販売 リース
株式会社トラックリンク
〒331-0811 さいたま市北区吉野町2-254-4
tel:048-661-9661 fax:048-661-9662
トラック買取:http://www.trucklink.co.jp
中古トラック販売:http://www.trucklink.jp

2010/08/03

三菱グレート トラクターヘッドW-FP416DR改と8DC10エンジンのエアーコンプレッサー

三菱グレート トラクターヘッドW-FP416DR改が、この日の働く車です。
平成22年5月24日の出来事

三菱ふそう グレート(大型トラック) 
平成元年後期~平成7年前期
トラクターヘッド
車輌型式:W-FP416DR改            中古トラックをお探しの方は、トラックリンク販売サイト 中古トラック在庫一覧へ
エンジン型式:8DC10 V型8気筒ディーゼルエンジン
排気量:16750cc
馬力:330ps

IMG_2756

中型サイズ以上のトラックのブレーキは、空気の力で作動する、エアーブレーキが採用されています。
ブレーキに使用する空気を圧縮して、エアータンクに送り込む装置がエアーコンプレッサーです。
この車輌は、V8エンジンですので、V型バンクの谷間に、エアーコンプレッサーが装着されています。
しかも、ツインのコンプレッサー。
空気を圧縮するシリンダーが2本配置されています。
通常は、シングルのコンプレッサーです。
普通のトラック(単車)の場合は、シングルのコンプレッサーで空気の量を十分に賄えるからです。
しかし、トラクターヘッド(トレーラーを引っ張るトラック)の場合は、ツインコンプレッサーが必要です。
トレーラーを引っ張るトラクターヘッドは、トレーラー(引っ張られる後ろ側の車輌)分の空気も供給しなければならず、シングルコンプレッサーでは空気が不足するためです。
エアーコンプレッサーは、エンジンの動力で作動し圧縮空気をエアータンクに送り込みます。
トレーラーには、エンジンが付いてませんから、空気を圧縮するコンプレッサーを着けられません。
したがって、トラクターヘッドには、より多くの空気を圧縮するために、ツインタイプのコンプレッサーが装備されているのです。

IMG_2753

IMG_2755


トラクターヘッドの買取依頼もお待ちしております。

トラック買取:http://www.trucklink.co.jp
中古トラック販売:http://www.trucklink.jp
中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取 販売 リース貸出
株式会社トラックリンク
代表取締役 桜井和彦

2010/05/21

キャリヤカートラクタヘッドの運転席は窮屈です UDビックサム・KC-CK531EHTの運転席は窮屈です

キャリヤカートラクタヘッドの運転席です。
平成22年3月16日の出来事

この日は、トレーラーキャリアカーの引取りです
この車輌は、トラクタの上に車を積むことが出来るタイプです
そのためキャビン(運転席)頭上スペースが斜めにカットされてます
桜井君が座ると、頭上空間はほとんどありません

IMG_1363

IMG_1359

全長の長いトレーラーは、ただでさえ運転に気を使いますが、
キャリアカーのトレーラーは、リアタイアが、トレーラーの一番後ろに付いている為、
コーナーでの内輪差が大きく、更に気を使う運転になります
交差点を曲がる際は、いつも以上に周囲を見渡し、進入スピードもしっかり落とします
ドライバー視線でのサイドミラーの映像です
トラクタ(前側の車輌)と、トレーラー(後側の車輌)の向きの違いを見てください

IMG_1360

なれない運転は、疲れます~
ちなみにトラクタヘッドは、UDのビックサム:KC-CK531EHTです。

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取 販売 リース貸出
トラック買取:http://www.trucklink.co.jp
中古トラック販売:http://www.trucklink.jp
株式会社トラックリンク
〒331-0811 さいたま市北区吉野町2-254-4
tel:048-661-9661 fax:048-661-9662

2010/03/30

大井埠頭コンテナターミナルのガントリークレーンやトランスファークレーンに圧巻 社会科見学その3

大井埠頭コンテナターミナルです。
午後は、お台場を後にして大井埠頭に向かいました。
平成22年1月29日の出来事その3
通常入ることの出来ないコンテナヤードの見学です。
大井埠頭3号・4号バース

株式会社商船三井グループ:国際コンテナターミナル株式会社・管理棟

IMG_0513

まずは管理棟を案内してもらいました。
3号・4号バースを屋上から眺める
奥に見えるガントリークレーンが計6機
トランスファークレーンタイヤ式が計14機
トランスファークレーンレール式が計5機

IMG_0517

コンテナゲートの車輌搬出入を管理棟のモニターを見ながらドライバーとマイクで通話し行なっている
一日平均2000本のコンテナが出入り

IMG_0534


IMG_0524

ガントリークレーン 一時間にコンテナ35本の作業が可能

IMG_0562

トランスファークレーンレール式

IMG_0540

コンテナを陸揚げ中 入港したてのMOLパラマウント号 20フィート換算で6350本分のコンテナ収納

IMG_0576

この日の働く車
奥に見える黄緑色のトラクターヘッド&トレーラーは構内用のコンテナ運搬車です

IMG_0601

間近に見るコンテナーヤードは大変興味深く、見学時間があっという間に過ぎました。
有意義な社会科見学でした。
貴重な体験をどうもありがとうございました。

中古トラック・バス・建設機械・フォークリフト 買取 販売 リース貸出
トラック買取:http://www.trucklink.co.jp
中古トラック販売:http://www.trucklink.jp
株式会社トラックリンク
代表取締役 桜井和彦
  社会科見学その1 東京税関 はこちら
  社会科見学その2 アクアシティーお台場 はこちら

Pages: 1 2 Next
© 2017 トラリンブログ All rights reserved - Wallow theme v0.46.5 by ([][]) TwoBeers - Powered by WordPress - Have fun!