株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
建設機械買取

■トラック買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>


■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>

 

 

クローラークレーン

 クローラークレーンは下部走行体(キャリア=走る部分)がクローラー式(クローラーベルトを使用、フラットシューと呼ばれる平らな面の板がベルト状になっている)になっています。接地面積が広いためホイール式に比べて作業時は安定しており、不整地や軟弱地でも物を吊った状態で移動する作業もできます。自走可能ですが、速度が遅いため公道走行には不適なので、トラックやトレーラーで運搬されて作業現場に運ばれることがほとんどです。
 
 クレーン作業で使われるブーム(人間の腕のような役割で物を持ち上げるときの基本となる部分)は、クローラークレーンの場合、ラチスブームが使われることがほとんどです。ラチスブームとは、格子状に構成されているもので、搬送された後に作業現場にて組み立ててから使用されます。基本ブームは上下に分かれ上部/下部と2分割されています。ブームを延長する場合には、中間ブームを入れて接続を行います。またブームの先端に補助ジブを装着してブームの長さを延長することもあります。作業が終了した後はそれぞれ解体されて、作業開始前と同様に再びトラックやトレーラーで運搬されます。大きなクレーンになると解体された各パーツの重量があるため、分解の数も多くなり、運搬するトラックやトレーラーの数も複数台(2台から時に10台以上)で運ばれることもあります。
 
 吊り上げできる重量が4.9t未満のクローラークレーンは、ミニクローラークレーン(通称カニクレーン)と呼ばれ、油圧式によるテレスコピック式(ブームが伸縮式のもの)が多いです。大型のクローラークレーンになるとラチスブーム(格子状のブーム)が採用され、油圧ではなく機械式による操作になります。大型クローラークレーンは800t、特殊なものになると1000tを超えるものもあります。

 

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。