株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
建設機械買取

■トラック買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>


■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>

 

 

ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)

 移動式クレーンは自走できるクレーンで、クローラークレーン、ホイールクレーン、トラッククレーンに分けられます。ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)は、このうち、ホイール(車輪のこと)クレーンに属します。ラフテレーンは、rough terrain=荒れた 地形、不整地の意味で、4輪駆動、4輪操舵システムの装備しているため、悪路でも走行し作業することに対応でき、また狭い路地への進入も可能です。公道を走行して作業現場に移動します。道路を走るのもクレーンを操作するのも同じ運転席で行います。車を走らせるときはオートマティックで、ミッションチェンジのわずらわしさはありません。ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)のクレーン装置は、すべて油圧駆動です。アウトリガー装置(支え)も油圧シリンダーで駆動されています。

 ラフタークレーンは、吊り上げ能力が2t〜10t、25t、50t、70tクラスで、バリエーションも豊富です。4.9t以下であれば小型移動式クレーンとも呼ばれます。
 装備しているブーム(人間の腕のような役割で物を持ち上げるときの基本となる部分)はテレスコピックブーム(伸縮式/基本となるブームの中にサイズの順番ごとにブームが納められている)であるため、ブームの組み立てが不要です。現場到着後ブームとアウトリガーを伸ばせば作業が即可能な状態になり、又、作業終了後ブームとアウトリガーを収納すればそのまま現場から帰ることができます。ブームの起伏はブーム起伏シリンダーによって行われます。

 ブームは、長い箱状(四角形、五角形・六角形・八角形など)の柱状になっていて、ベース部分から細いものまでが数段階に分けて収められたロッド形状で、ラジオのアンテナのように伸縮するタイプであるため、2段、3段となり先端部分になるほど細くなっています。ブームは最大で40mを超えるものがありますが、これを6mから10mぐらい(クラスによって異なります)までのもとの長さに収めることができるため、公道の走行が可能です。ブーム先端にはジブ(ブームを延長するもの)が取り付けられることもあります。これによって角度を変えて作業することもできます。また必要に応じて、上部ジブの先端に補助ジブを備えることもできます。ジブは折り曲げてブームの側面などに格納できるものが主流です。

 ラフタークレーンでは、足回りはアウトリガーで支え、作業をします。アウトリガーはクレーン本体の転倒防止のための支えで、吊り上げの重量と関係しています。アウトリガーの形には、X状(交差)になっているものとH状(まっすぐ)になっているものがあります。

 

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。