株式会社トラックリンク 株式会社トラックリンク 買取サイト 無料査定 販売サイト 在庫一覧
<<HOME
■トラック買取■バス買取■建設機械買取■買取手順(取引の流れ)■はたらくくるまのいま■FAQ
■名義変更抹消■自動車リサイクル法■会社情報■リンク■お問い合わせ■資料請求
トラック買取

■バス買取

中古バス・観光バス・高速バス・マイクロバス・大型バス買い取ります。

詳細はこちら>>


■建設機械買取

中古ユンボ・油圧ショベル・ブルトーザー・ラフタークレーン買い取ります。

詳細はこちら>>

 


トラック買取

トラックとはなにか?

 貨物自動車を一般的にはトラックと呼び、次のように分類することができます。
「道路運送車両の保安基準」により、大型トラックと中型トラックは車両総重量で分けられ、道路交通法による分類は寸法と積載量により中型トラックと小型トラックに分けられます。

 トラック業界においては、トラック製造メーカーの区分に従って、標準積載量によって4t以上の普通トラックと4t未満の小型トラックに区分されます。

 普通トラックは更に中型と大型に分けることがあります。小型トラックと普通トラックの違いを最大積載量2tとする場合もあります。

 トラック在庫一覧へリンク

 当ホームページでは、大型トラック(8トン以上)中型トラック(4トン以上)小型トラック(4トン未満)で大まかな区分けを行っております。

 営業用(緑ナンバー)と自家用(白ナンバー)
物を運ぶ普通トラックは大きく3つに分けることができます。

    小型貨物車(4ナンバーのトラック)
    普通貨物車(1ナンバーのトラック)
    特種車(8ナンバーのトラック)※冷凍食品、石油類などの運送用います。

 街でみかけるトラックのほとんどが営業用トラックです。トラックのドアの外側に「一般」と表記されていることでわかります。正式には一般貨物自動車運送事業といい、普通トラックを使って荷主の荷物を運送する事業のことを意味します。

 この一般貨物自動車運送事業は、運送すること事態を荷主から依頼されて、その運賃をもらいますが、自社あるいは自営で自らトラックを所有して荷物を運んだり、配送する場合は、これを自家用トラック輸送といいます。実際に運ばれている量と照らし合わせると、自家用トラックは、約2割のシェアにすぎません。

関連情報:トラック誕生までの歴史/(いすず自動車)
関連情報:トラックの分類と架装/(いすず自動車)
関連情報:東京都トラック協会(トラック博物館)

 当社は、大型トラック・中型トラック・小型トラック・営業用トラック・事業用トラック等様々のトラック買取をいたします。買取のご相談だけでも承ります。

 トラックの買取は乗用車の買取に比べまだまだ一般的では有りませんが、当社は地道にトラック買取業務を拡大して参りました。

    今までトラック買取店を知らずに下取りに出していた
    又は、トラック買取店を知らずに
    ディーラーの営業マンに処分を依頼していた

 そのような方は、ご連絡ください、ご期待に応えるトラック買取のプロスタッフがお待ちしております。トラック買取のトラックリンクと皆様に覚えていただけるようスタッフ一同がんばります。メールあるいはお電話によるご連絡をお待ちしております。

トラック買取

買取エリアは日本全国

買取に関するお問い合せをする

※各製品名などは、一般にそれぞれ該当する各社の商標、または登録商標です。

 


プライバシーポリシーについて→

Coopyright (C) 2003 Trucklink Co., Ltd. All Rights Reserved
トラックリンクの商標は株式会社トラックリンクが保有しております
お問い合わせはこちらまでお願い申し上げます。